手彫り印鑑

手彫り印鑑とはいわゆる職人による手作り印鑑です。
自分用に誂えた印鑑は、着心地も抜群で押印時のモチベーションも大きく変わります。
値段が高くて知識がないと作れないイメージがありますが 最近ではチタン印鑑やカラー印鑑などのお手ごろ値段で知識がなくても作れるお店も沢山出来ています。

印鑑の写真

実際にお店に行く前に基本をおさえておくと便利なこともいっぱいです。
基本をおさえて、レベルアップしていけばこだわる人にはなんとも奥が深い世界となっています。

時代の移り変わりとともに、手彫り印鑑も変わります。バブルの時代では象牙の印鑑で、大きめのサイズが流行していましたが、ここ最近では柘や黒水牛など実用的ではあるがお値段はリーズナブルなはんこが、主流となっていますが、その反面チタン印鑑などの金属製の次世代印鑑もセレブ層には非常に人気な印鑑であります。

オーダー印鑑を一旦作ってしまうと、思いのほか自分にぴったりのデザインが出来上がってしまうので、既製品の印鑑に後戻りできなく、なってしまうのではないでしょうか。